新感覚のアダルト情報が無料で視聴できる情報配信サイトです。

エロブロJAPAN

飲むと記憶がなくなる女とチョメチョメ

記憶をなくす友人とのセックス

シックスナインをしている男女 バイト終わりに電車で帰ろうとした時でした。
バイト先の先輩と話し過ぎて終電の時間を逃してしまい、
先輩の家に泊まろうとするとすぐに断られ、ネカフェで時間つぶしをしようとするも、
お金もなく、仕方はなくバイト先の近くに住んでいる晴香にラインした。
「今何しているのー?」
晴香から返事が返ってきました。「家でボーっとしてるよ!」
僕「マジ!今から行ってもいい?」
晴香「イイヨー!」
とあっさりと泊まる家が決まった。
晴香はブスでもないし綺麗でもない、普通の女の子。
また一回もやった事はないが、ヤレと言われれば全然OKだ。
晴香の家に到着しました。
僕「ごめんね、手ぶらで!」
晴香「いいよ~貧乏人君www」
少しイラッとしたが泊めてもらうので何も言わずに家に中にあがる。
晴香は少しお酒を飲んでいたようで、僕にもお酒とおつまみを用意してくれた。
するといきなり晴香からこんな質問をされた。
晴香「あのさ、相談があるんだけど…」
僕「何?どーしたの?」
晴香「私ね、最近すぐに記憶をなくしてしまうの。」
僕「記憶喪失???」
晴香「そう、さっきあった事が思い出せなくなるの…」
僕はこの時に晴香が悪酔いをしているように見えて、冗談半分で相談に乗っていた。
僕「どんな記憶でもなくすの?僕がこの家に来たことも?」
そういうと晴香は「うん…だぶんなくすかも…」
この時僕の頭の中は「セックス」という文字が浮かび上がった。
僕「じゃあ今からする事も忘れてね…」
そういうと僕は晴香にキスをした。
酔っているだけあってすぐに舌を絡めてきます。
僕も少しだけお酒を飲んでいたので、気分良くなり、
晴香の服を脱がして胸を揉んだり舐めました。
ある程度愛撫して、アソコを触ると既に洪水していたので、そのまま指を挿入して、
クリやらGスポットなどを刺激した。
晴香「ヤバい…おかしくなっちゃう…」
こんな晴香を見た事がなかったので、更に責めてしまい、
イカせてしまった。
最後はセックスもして、口の中にたっぷり射精してエッチが終わりました。
すると、晴香がこう言いました。
晴香「またしてもいい?」
僕はすぐにうなずいて「うん」と返事した。
この日は指きりをして約束をして寝ました。
次の日朝早くに用事があったので始発で帰り、
三日後また終電を逃してしまった。
晴香にラインして「今日もやらない?」と送ると、 「何のこと?キモイ」と返事が来た。
本当に記憶を失っているそうでした。
この日はネカフェで夜を過ごしました。